ホーム > 外壁塗装 > 外壁塗装の塗料は種類が色々

外壁塗装の塗料は種類が色々

  昨年に社宅として利用していた住宅の外壁塗装を行いました。この社宅は築15年が経過している事もあり、点検をしていたら、サイディングの継ぎ目のコーキングがかなり劣化しており、外壁の塗装も結構色あせていましたので補修を行う事を決めました。当初は継ぎ目の修理のみで良いのかと思っていましたが、こういった場合は継ぎ目の補修と塗装を一度に行う方が良いと解りました。

 

そもそも外壁塗装の工事費用では、足場代といって職人さんが作業しやすい場所を作る事が必要不可欠です。この足場代というものは結構高額で、外壁塗装工事費用の2割程度を占めています。ですので、どうせ足場代を支払うのであれば、塗装も補修もまとめて行った方がお得という訳です。そして外壁塗装に大切なのが、塗料選びです。この塗料にはいくつもの種類があり、悩みどころです。私の場合は、今主流といわれているシリコン系塗料です。シリコン系塗料を選ぶ際に悩んだのが、ウレタン塗料でした。この塗料は、価格もシリコン塗料に比べ多少お値打ちでそれほど高くなく、又、耐久性や耐候性もあり今でもよく利用されている塗料です。お手頃感では、ウレタン塗料でも充分でしたが、やはり耐久性や耐候性が長い、そして汚れに強い事、数年後のつやの持ちが良いとの事で、シリコン系を選ぶ事にしました。料金的にはウレタン系に比べ数万程度とあまり気になる差額ではありませんでした。本当はフッ素樹脂系塗料が耐久性も良く、おすすめといわれていましたが、金額が高く諦めました。長い目でみれば、多少無理してもおすすめできる塗料だと思います。

 

ちなみに塗り替えの色は2色使いました。もともとは1色のみの外壁でしたが、2色使う事でこれまでとは違った雰囲気ができて良かったです。

 

オンテックスさんに依頼したのですが、本当に依頼して良かったと思っています。

実際に利用する前には、色々と調べました。

下記サイトも参考になりますので、参考にしてみると良いでしょう。

オンテックスの口コミと評判、体験談